ツチトリモチ群生地ツチトリモチ群生地(出始め)

平成29年 10月28日(土)  場所 元宇品                  

【活動内容】

11/29(日)開催する観察会の初回リハーサルを実施した。

今回は観察ルートの確定と工作内容の確認を目的とした。                                                                                                       

【進行】

台風22号の接近であいにくの雨日和となったなか、11時に元宇品会館に集合。
観察ルートとフィールドビンゴの試案を基にルートに沿って歩いた。

試案ルートをほぼ一周したところで元宇品公園で休憩、昼食を摂りながら葉っぱ工作の内容を検討。
ラミネートは葉書またはA6版、挟み込む紙はLサイズとする。

観察ルートは、元宇品会館→観音寺→ツチトリモチ→アカトンボ広場→車道→灯台→海岸→ホテル→元宇品会館→元宇品会館 とし、晴天時雨天時とも同じコースを巡る。
提案者としては原生林を歩いてもらいたかったが、制限時間の関係で今回は採用を見送った。

ビンゴの修正点は、「実がなっている木」のところは、木の実の色をシールを付けて識別するように、地層は各地層に番号を付け、写真に該当する番号を記入するように、「秋らしいもの」は、各自に袋を持たせてその中に見つけたものを入れ振り返り時に説明させる、などの修正案が出た。

次回のリハーサルは11/12(日)。