校庭で見つけた生き物の書き出しの様子校庭で見つけた生き物の書き出しの様子

令和元年 9月21日(土)  場所 伴東小学校

【目的】

児童に観察やゲームを通じて自然に親しんで貰い、自然と遊ぶ楽しさを身を持って実感することで自然の大切さ・重要性を認識させ、その延長線上で環境問題を考えてもらうこと

【内容】

本年度第5回目の活動

 7月及び8月に参加出来なかった子供たちに、6月のふりかえりを兼て、「植物の名前あわせ」の用紙で植物の名前と花及び種又は葉を結びつけさせた。

 校庭に出て、昆虫を中心にした「校庭の生き物」探しを実施、捕獲できるものは捕獲し、夫々観察させた。

校庭での生き物探しの様子校庭での生き物探しの様子

教室に戻り、観察出来た生き物を黒板に書き出させた。

(結果:子供たちの発表順に記す):ミミズ、アリ、ダンゴムシ、クモ、バッタ、ナメクジ、カマキリ、ヤモリ、カメムシ、チョウ、ガ、イラガの幼虫、ムカデ、ヤスデ、ゲジゲジ、名前の分らない小さな緑色の虫の16種類の生き物を見つけることが出来た(予想されたことであるが、昆虫が8種類と最多数であった)。

 「アリの巣キット」を使って「アリの巣」の様子を観察させ、アリが巣を作って行く様子について説明。

また、女王アリ、オスアリ、働きアリ(メス)の役目などを説明。

アリの巣観察記録写真(PDF)

 「ダンゴムシ迷路」を使ってダンゴムシの習性を観察。

(約半数のものは壁に当るたびに右、左とコースを変えて進んだが、そうでないものも多数みられた。
(ダンゴムシの習性を理解させるためには、もう一度実施する必要がある)

「ダンゴムシ迷路」を使った「ダンゴムシの習性」観察「ダンゴムシ迷路」を使った「ダンゴムシの習性」観察


 先月盆休みとの関係で参加出来なかった子どもたちに、「マジックエレベ-ター」を作らせた。

今回も「宝つりゲーム」作りには苦労している子供たちが多数いた。


【感想及び反省点】

時間配分が必ずしも上手くなかった関係で、子どもたちに実施内容を分かり易く説明する時間が足りなかった。

生き物、特に「虫のなかま分け」については、補足説明の必要がある(次回実施したい)。

上記の通り、ダンゴムシの習性については、再度実施し、説明の必要がある(時期未定)。