会場入り口会場入り口

令和元年 6月9日(日)  場所 県庁前広場

梅雨間際という本日、好天気に恵まれて無事一日を終えることができた。
工作の成果はやや少なかったが、生き物展示は多くの子供たちや家族に喜ばれた。

会場ブースに9時集合し、生き物展示(川の魚、カエル、イモリなど)と工作(笛、びっくりヘビ)の配置を決め机を設置、各々の準備にかかった。
ブースの場所は前年同様でステージの近く。
今年は前年には出さなかったクイズ「牛乳パックのリサイクル法」を出した。

ブース全景ブース全景

10時開始。

三々五々子供たちがブースに訪れたが、初めはクイズを回る人がほとんどで、この中ですぐに工作をする人、クイズを終えてから工作に来る人と分かれたようだ。

笛工作、奥はびっくりヘビ笛工作、奥はびっくりヘビ

し、生き物展示のほうは行きすがりにのぞき、特にイモリは触れることができるというので、好奇心旺盛な子供たちが指で触ったり掌に乗せたりと騒いでいた。

生き物展示生き物展示

外国人と思われる家族も親子そろって楽しんでいた。
天候は好天気でやや蒸し暑い一日、ブースの中は時間が進むごとに厚さが増してきたが、幸い熱中症にかかる人はいなかった。

成果は、笛57個、びっくりヘビ45個、生き物展示200名で生き物がダントツ。

人の流れは前年に比べるとやや少ないように感じた。
また、ステージに近い場所に当方ブースがあった割には余り騒音に悩まされた感覚がなかった。

15時30分終了。

通年終了間際まで来訪者が来ることが多かったように感じたが、今回はスムーズに終了を迎えた。
片付けを終え、諸連絡をすませて、16時解散。